原産地によるコーヒー豆の味の違いと楽しみ方のポイント

原産地によるコーヒー豆の味の違いと楽しみ方のポイント

LINEで送る
Pocket

 

コーヒー豆といっても様々な種類がありますが、原産国によってどんな違いがあるのか皆様ご存知でしょうか?

今回は各国ごとのコーヒー豆の味の違いについてや、それぞれの豆の楽しみ方をお伝えしていきます。

 

コーヒー豆の原産地について

 

ジャマイカ(ブルーマウンテン)

世界でも最高級の品質と呼ばれていて、様々なランクに分かれています。
ジャマイカで生産されるコーヒーの中でも一部の産地のものはブルーマウンテンというブランド名になっています。
ちょっと贅沢気分の時におすすめ。

 

ハワイ島(コナ)

非常に強い酸味やコクを持ち、風味がいいです。ブルーマウンテンも高価ですが、コナコーヒーも高級ブランド。
ブレンドに用いると良質な酸味が与えられると言われ、に次ぐブランドで高価である。
ハワイ気分を味わいたいときにおすすめ。

 

タンザニア(キリマンジャロ)

タンザニア産のコーヒーのことを日本ではキリマンジャロと呼ばれています。強い酸味とコクが特長で、野性味のある上品な味です。苦味が多く程よい風味が楽しめます。

 

イエメン、エチオピア(モカ)

独特の酸味もありつつ、甘みとコクが加わった風味。コーヒー原産地としては最も古く、イタリアではコーヒーのことをモカと呼びます。

 

グアテマラ

酸味とコクが上品で、全体的にキレのいい後味が特徴です。華やかな気持ちになれるコーヒーです。

 

ブラジル

生産量、輸出量ともに世界一の実力を誇るブラジル。コーヒー豆といえばまずブラジルを思い浮かべる人も多いと思います。酸味・コク、苦みともに軽くバランスがとれていて、価格も比較的安価でブレンド豆としては多く使われます。

 

コロンビア

コロンビアといえばコーヒーの基本。酸味と甘味のバランスが良い商品。価格は比較的安価で、こちらもブレンドのベースとして使われることも多いです。

 

インドネシア(マンデリン)

苦味とコクを中心とした独特な後味があります。ブルーマウンテンにその座を奪われてしまいましたが、以前は世界一と言われてました。

 

インドネシア(トラジャ)

酸味が全く無いのが特徴です。濃厚なコクと苦味があります。

 

インドネシア(ジャワコーヒー)

ジャワ島産の主にアラビカ種コーヒーのことをジャワコーヒーといいます。全体的にマイルドな味わいとなっております。

 

ケニア

フルーティでの爽やかな風味が特徴のコーヒー。バランスが良く、深めの焙煎が多いと言われています。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。
生まれた国によって考え方や性格が違うのと同じように、豆も生まれた国によって味や焙煎方法に違いがあります。

今回ご紹介しきれなかった豆はまだまだ沢山ありますので、ぜひ自分の好みの原産国や楽しみ方を研究してみてください。

 

また、私達大山珈琲では試飲会などもおこなっておりますので、こちらもご参加いただけたら嬉しいです。

 

 

「コピ・ルアク」試飲会応募フォーム

参加枠は1日20名様までとなりますので、応募者多数の場合は抽選となります。

参加枠が確保でき次第メールにて折返しご連絡致します。

沢山のご応募をお待ちしております。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    大山 淳

    大山珈琲店オーナー。 大手コンサルティング企業でのサラリーマン時代、コーヒーの魅力に目覚めてスペシャリティコーヒーの本場シアトルに留学する。帰国後、脱サラして妻の由香と共に大山珈琲を開業する。

    この著者の記事一覧

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    LINEで送る
    Pocket

    関連記事RELATED ARTICLE

    SHARE
    keyboard_arrow_up